安いプロバイダーを利用する方法は?

 

image

インターネットの利用には少なからずお金がかかるものです。

 

ネット回線利用料はもちろん、プロバイダーにも毎月指定額を支払わなければならず、快適なインターネット環境であることはありがたいものの、やはり負担は避けて通れるものではありません。

 

しかし、少しでも月額料金を下げる方法はあり、いかに工夫するか、活用方法を考えるかによって十分コストダウンを行うことは可能とも言えます。

 

まず、近年のインターネットプロバイダーにおいてはサービス品質の向上が求められているのは間違いありません。

 

安定したインターネット環境の確保はもちろん、専用のメールアドレスの取得、ホームページやブログスペースの無料利用や各プロバイダーの提供する様々なサービスを無料、もしくは割引価格で利用できるなどの恩恵を受けることが出来ますが、必要のない方にとっては無用の機能とも言えます。

 

また、回線速度においても、速いほうが良いのは間違いないものの、用途的にそこまでの速度を求めないと言う場合においては、プロバイダーを見直す余地は十分にあると言ってもいいでしょう。

 

その際に利用価値が高いのが月額料金の安いプロバイダーです。

 

特にADSL回線においては多くのプロバイダーが参入しており、独自のADSL回線を提供している場合が多くなっています。

 

月額料金も一般的な相場に比べて安価に収まりながらも、回線の質は十分であると言う場合がほとんどであり、ストレスを感じることは無いでしょう。

 

工夫が必要と言うのは、例えば専用のメールアドレスが必要である、ホームページスペースが必要であると言う場合において、有料で利用できるスペースを独自で確保することで、プロバイダー提供のメールアドレスやホームページスペースは必要ではなくなります。

 

最近ではこのようなサービスも安価に収まるようになっており、安いプロバイダー利用に合わせて有料のサービス利用でも、最終的な金額が一般的な相場よりも安くすることができるようになっているのです。

 

この方法であれば、ビジネス用途にインターネットを活用される場合であっても、割安でインターネット環境を整えることが出来るでしょう。

 

月額料金の安いプロバイダーはライトユーザー向けと言う側面もありますが、傾向としては一般的なプロバイダーのプランに比べて機能が少ない場合が多くなっています。

 

それを逆手に取り、独自で工夫をすることによってサポート品質、回線品質も高い環境を安価な価格で構築することも十分可能なのです。

安いプロバイダー人気ランキング!

一般的なサービスがそろって料金も安いフレッツ光!
月額利用料金が安く、それでいて一通りのサービスがかけることなく含まれているのが特徴。日経ビジネスやJ.D.パワー等の顧客満足度調査で2003年から8年連続第一位を獲得するなどおすすめのプロバイダーです。WiMAX月額3,590円で利用可。

料金をとにかく安くしたい方に選ばれています。
フレッツ光の中では最安水準の料金が魅力。特に、戸建住宅のプランでも525円というのはかなり嬉しい。メール機能などが付いていないので自分でフリーメールなどを代用したのでOKという方にはおすすめ。

初心者から上級者まで選ばれるスタンダードプロバイダー
料金は平均的ながら、キャンペーンも太っ腹で、セキュリティやサポートもしっかりしています。光プロバイダーとしては国内最大。世界的規模のプロバイダーなためバックボーン回線が強く、品質も高いためヘビーユーザーにも選ばれています。