安いプロバイダーを比較しました!

image

安いプロバイダーは、ネット接続を使っている方なら気になるところではないでしょうか?

 

しかし、実際にはサポートやセキュリティ対策、複数ID・メールアドレスなど必要なオプションサービスもあるはず。

 

そこで、このサイトでは、お得なプロバイダー情報を月額利用料、キャンペーン、口コミや評判といった角度からご紹介します。

 

安いプロバイダー人気ランキング!

一般的なサービスがそろって料金も安いフレッツ光!
月額利用料金が安く、それでいて一通りのサービスがかけることなく含まれているのが特徴。日経ビジネスやJ.D.パワー等の顧客満足度調査で2003年から8年連続第一位を獲得するなどおすすめのプロバイダーです。WiMAX月額3,590円で利用可。

 

 

料金をとにかく安くしたい方に選ばれています!
フレッツ光の中では最安水準の料金が魅力。特に、戸建住宅のプランでも525円というのはかなり嬉しい。メール機能などが付いていないので自分でフリーメールなどを代用したのでOKという方にはおすすめ。

 

 

初心者から上級者まで選ばれるスタンダードプロバイダー!
料金は平均的ながら、キャンペーンも太っ腹で、セキュリティやサポートもしっかりしています。光プロバイダーとしては国内最大。世界的規模のプロバイダーなためバックボーン回線が強く、品質も高いためヘビーユーザーにも選ばれています。

 

 

BIGLOBE

キャンペーンを狙ってお得に光をはじめるなら!
キャンペーンが好評なプロバイダー。もちろんそれだけでなく、ファミリーでも安心して使えるセキュリティサービスや、複数ID、メールアドレスの発行にも対応しています。無料オプションが豊富なのも嬉しい。WiMAX月額3,591円で利用可。

 

 

@nifty

PC出張サポートなど初心者も安心!
ファミリー向けサービスが豊富でオプションも多いので必要に応じて追加できる。キャンペーンが充実していて、いろんなプレゼントから選ぶことができるのも魅力的。WiMAX月額3,591円で利用可。

 

 

安いプロバイダーの魅力とは?

 

image

近年のインターネットの急速な普及により、膨大な数のプロバイダーが参入するようになりました。

 

インターネット開始初期からの古参プロバイダーから、地方限定の小さいな新規プロバイダーまで、様々な手法によって新規契約獲得のためのプランが作られています。

 

その中でも格安の月額料金で利用できるプロバイダーも誕生しています。

 

月額料金が安いからと言って、必ずしも中途半端なサービス品質と言うわけではなく、一定の品質を保持した上で料金が安価であると言うのがひとつの魅力であり、出来るだけ安価にインターネット環境をそろえたいと言う方に高い人気を誇っているのです。

 

インターネットを利用する際、「ネット回線利用料」と「プロバイダー料金」は必ず支払わなければならないものです。

 

近年主流となっているブロードバンドにおいては、一昔前に比べると大きく利用料金は下がっていますが、それでも回線の種類によってはまだまだ高額と考えてもいいかもしれません。

 

そんな中で大きくコストを落とすと言う意味においては安いプロバイダーと言うのは高い利用価値があると言えるのでしょう。

 

インターネットを利用する上で重要視したいのは、大容量コンテンツでもストレスなく閲覧できる「速度」と考える方も多いことかと思われますが、月額料金の安いプロバイダーにおいても、一定の速度を保っているため、十分なインターネット利用ができます。

 

現在では特にADSLに関するプランにおいて安価な月額料金での提供と言うところが多いですが、少しずつ光回線に対しても他社よりも安価に収まるよう設定されたプランが出てくるようになりました。

 

最近では大手プロバイダーにおいてもライトユーザー向けの安価なプランを用意すると言うところが現れ始めています。

 

やはり安価でインターネットが楽しめると言う点において、月額料金の安いプロバイダーは今後とも重宝されていくのは間違いありません。

 

これからの主流となる、光回線に対しても安価なプランでありながら十分活用できる品質を持ったプロバイダーが登場していくのは確実であると言えるでしょう。

 

確かに利用方法によっては「かゆいところに手が届かない」と言う不満点が見えなくもないと言うところは否めません。

 

ですが、インターネットを趣味の延長線上や、ビジネスとしての利用となるなど、へヴィーユーザーと言うほどでもなく、コンテンツの閲覧、メールの送受信のみの利用などの場合は十分活用できるに値するものとして注目したいところです。

 

image

安いプロバイダー比較!格安料金ランキング!【価格最安どこ?】

 

 

安いプロバイダーのニーズとは?

 

image

インターネットの普及が急速に加速し、日常生活の中にインターネットがあることが当たり前になっている昨今、どのようにすればよりお得にインターネットを利用することが出来るのでしょうか?

 

様々な提案がありますが、やはり根本的な部分として「ネット回線」や「プロバイダー」の月額料金を落とすことが最も大きくコストダウンに繋げる方法であるのは間違いありません。

 

しかし、インターネット環境自体が均一化し、選ばれるネット回線自体も固定化していることから、同様に月額料金自体も大差のないものとなってきました。

 

逆に言えば、インターネットの閲覧のみ、メールの送受信がメインと言う場合と、ビジネス用途や大容量コンテンツを長時間閲覧する、大容量ファイルを送受信し合うと言った用途の場合でも料金差が無いと言う意味では喜ばしいことにも思えますが、ライトユーザーにとっては利用頻度の割にかかる料金が高額に感じると言う場合もあるかもしれません。

 

このような場合、どのようにすればコストダウンできるかということがひとつの問題となってきます。

 

インターネット利用のコストを下げる方法として注目されているのが、月額料金の安いプロバイダーを利用することです。

 

多くの場合、プロバイダーの月額料金は少なくとも1500円程度が相場となっているようですが、安いプロバイダーであればサービス品質も一定に維持した上で1000円未満と言うところもあります。

 

多くではADSL回線を利用したものですが、最近では光回線に対しても格安料金で利用できるプランが設定されていることもあり、光回線においても安価にインターネットを利用することができるようになってきています。

 

出来ることならインターネットを利用する際は万全のサポート体制、必要なときに必要なものを利用できるサービスの充実性が揃っていると言うことが理想ではありますが、人によっては使わない機能も多いと言うのも事実です。

 

使わない機能は最初から含まれていないということであれば、サービス品質を維持したまま価格を落とすと言うことは十分可能であり、利用方法を工夫すると言っただけでも問題なく利用できるものです。

 

特に安いプロバイダーはライトユーザーに高い人気があり、インターネット環境は必要ではあるものの、長時間利用することはほとんど無いと言う方に支持されています。

 

現在インターネットの利用料金に疑問を感じているのであれば、一度現在利用しているプロバイダー料金と、安価に収まるプロバイダーを数点ピックアップし、比較してみるのもいいかもしれません。

 

image

安いプロバイダー比較!格安料金ランキング!【価格最安どこ?】

 

 

安いプロバイダーのメリットとは?

 

image

インターネットにおける最近の主流として、24時間定額でインターネット接続し放題のブロードバンド回線が当然のものとなっています。

 

利用環境が均一化していることから、プロバイダー間における料金プランにおいても大きな違いが出ることは少なくなりました。

 

プロバイダー数自体は急増しているものの、サービス品質自体が同一のものに近づいています。

 

そのため、やはりこのような場合は対応エリアが広く、常時安定した環境を保つことが出来ると言われやすい古参の大手プロバイダーに人気が集中しがちですが、その中でも急速に新規契約を増やしているプロバイダーがあります。

 

インターネット接続料金が均一化しつつある現在、一般的な月額料金の相場よりも安いプロバイダーが現在でも高い人気を集めており、コストを下げながら、同一の条件でインターネットを活用できると言う点において、有用なものであることは間違いないでしょう。

 

サービス品質として、大手プロバイダーのように専用のメールアドレスが利用できる、ホームページスペースが用意されていると言った手厚いサポートがあると言うわけではありません。

 

メールアドレスは基本的には用意されず、ホームページスペースも特に無しと言った環境である場合が多いですが、これらが必要ないのであれば、特に問題のあることではありません。

 

ただし、中には専用のメールアドレスや、ホームページ、ブログスペースなども用意した上で格安の月額料金を維持しているプロバイダーも存在しています。

 

インターネット利用には、必ず回線利用料金とプロバイダー料金がかかります。

 

多くのプロバイダーにおいて金額的な差はないものの、僅かな違いから1年後、2年後に大きな違いが出てくるのは事実です。

 

、あらかじめ用途が決まっており、ビジネス運用などのへヴィーユーズでもないのであれば、安いプロバイダーを使うと言うのは十分考慮するに値するものと言えるでしょう。

 

もちろん、安いからと言ってすぐに回線が切断される、速度が遅いと言うことはなく、十分な品質を保持した上での価格設定という場合がほとんどであるため、心配することはありません。

 

現在では、安いプロバイダーの多くはADSL回線をメインにしていることが多いですが、少しずつ光回線対応のプランを持つプロバイダーも現れ始めてきました。

 

近い将来、光回線においても安い月額料金で快適に利用することが出来るプロバイダーが活躍を始めるのは間違いないことでしょう。

 

image

安いプロバイダー比較!格安料金ランキング!【価格最安どこ?】

 

 

損をしない賢い選び方って?

 

image

光回線は適切なサービスを選ぶことがポイントとなります。

 

回線速度が速いなど便利な面が多い反面、ADSLに比べて利用料金が高くなりますから、自分にとって必要と思えるサービスが得られる光回線を選ぶことが重要になってくるのです。

 

それだけに光回線の賢い選び方としてはまず月額料金の比較が第一となるでしょう。

 

プランを比較してみてどこが一番安いのかをチェックしておきましょう。

 

光回線の使用量よりもプロバイダ料金の方が差が出やすいため、入念なチェックが必要になります。

 

それからキャンペーンの有無・内容。光回線の業者やプロバイダでは入会時にさまざまな特典が得られるキャンペーンを実施しています。

 

光回線の開設なら工事費用の割引、プロバイダなら一定期間プロバイダ料金の無料サービス。

 

あるいは現金や商品券のキャッシュバックなども行われています。こうしたキャンペーンで比較するのもひとつの選択肢です。

 

なお、この際注意したいのは月額料金を比較する際、キャンペーンが適用された場合の料金が掲載されている場合もあること。

 

あくまで通常料金で比較することが求められます。

 

通信速度も忘れてはならないでしょう。高速回線が魅力の光回線ですが、すべてのサービスにおいて同一の回線速度となっているわけではありません。

 

より早く、快適な通信環境を求めたい人は通信速度で比較するのもよいでしょう。

 

ほかにもオプションサービスや万一の時のサポートなども選択の際の重要なポイントとなってきます。

 

自分にとって必要な条件を絞り込んだ上でそれにピッタリとあったサービスを選択するようにしましょう。

 

image

安いプロバイダー比較!格安料金ランキング!【価格最安どこ?】

 

 

光回線の申し込み方法は?

 

image

光回線の導入を決めた場合は業者に申し込むことになります。

 

この光回線の申込みの際には事前に確認しておかなければならないことがあります。

 

申込み方法とは別にこの点も知っておきましょう。

 

まずサービスエリアの確認。

 

自分の住んでいる地域が光回線のサービスエリアに含まれているか。ADSLに比べてエリアが限定されているため、まず開設が可能かどうかを確認する必要があるのです。

 

それから工事内容と費用の確認。

 

自宅に光ファイバーケーブルを引き込む場合と、マンションのようにすでに光回線そのものは導入されている場合とでは工事の内容もかかる費用も違ってきます。

 

これらは事前に光回線の業者に問い合わせて確認をとっておく必要があります。

 

見積もり依頼をするとよいでしょう。

 

もうひとつ、プロバイダの選択も必要です。

 

光回線の業者ごとに契約できるプロバイダに制限がありますから、その範囲内で自分にあった料金・サービスを提供しているプロバイダを選ぶようにしましょう。

 

申込みは電話かインターネットかのどちらかで行うことができます。インターネットが接続できる環境にある場合には公式サイトからの申込みが手軽でよいでしょう。

 

また、電気製品の量販店などで申し込むことも可能です。

 

この場合、スタッフと相談しながらプランやプロバイダを決めていくことができるという方法もあります。

 

手順も教えてくれるので戸惑うことなく申し込むことができるでしょう。

 

ただし、向こうの都合のよい契約に勧誘されたり、プロバイダが限定されているといった問題もあるため、流されて申し込んだりしないようあらかじめ必要な知識を踏まえたうえで接する必要もあります。

 

image

安いプロバイダー比較!格安料金ランキング!【価格最安どこ?】

 

 

 

最安のプロバイダは?

 

image

ズバリ一番やすいのは月額利用料525円のBB.exciteです。

 

光回線のプロバイダ料は、戸建て住宅向けと集合住宅向けでそれぞれ違いますが、BB.exciteの場合は両方とも525円です。

 

集合住宅向けのプランでは2番目に安いASAHIネットが578円と迫っていますが、戸建て住宅向けの525円は、一般的なプロバイダ料である1,260円の半額以下ですし、次に安いプロバイダともかなりの差があってものすごくお得感が大きいです。

 

特徴としては、キャンペーンがほとんどなかったり、サポートが用意されていなくてどうしてもというときは有料になるということ、プロバイダ発行のメールアドレスが有料なとこなど少しクセのあるプロバイダでもあります。

 

しかし、サポートが普段必要ない方にとっては他人のサポート料を払わなくてもいいとも言えますし、メールアドレスも最近ではスマホと連動できるGメールや使い勝手がいいYahoo!メールやHotメール(Live!メール)を使っている人も多いでしょうから、かならずしも大きなデメリットにはなりません。

 

このようなクセを把握して問題が無ければ、業界最安値のお得な光回線プロバイダーをつかってみてはいかがでしょう?

 

プロバイダーのみの乗り換えってできる?

 

image

光回線を一度使ってしまうとその速さに慣れてしまうため、よほどの理由がない限りADSL回線には変更できないものです。

 

その速度差は、電車通勤していた人が徒歩で通勤するようなものかもしれません。

 

これまでなんなくできていた動画再生やダウンロードが待つようになってしまうのです。

 

光回線はそのままでも、プロバイダーだけ乗り換えをすることも簡単にできます。

 

回線はそのままですから自宅内の工事は必要ありません。

 

工事日を決めて自宅に待機している必要はないのです。

 

NTTとKDDIのどちらにも対応しているプロバイダーが増えていますので、どちらの光回線を利用しているとしても、プロバイダーのみの乗り換えも検討できる方法です。

 

光回線のままで他社プロバイダーに乗り換えする理由には、サポートセンターの対応の悪さをあげる方がいます。

 

サポートセンターはインターネットサービスで唯一といっていいくらいの生身の人間同士が触れ合う瞬間です。

 

「うまが合う」という表現がありますが、困ったユーザーとサポートセンターの担当者のうまが合うかどうか、それによってそのプロバイダーの評判が決まってしまうこともあるようです。

 

また、ほとんどの方があげる改善して欲しい点には、サポートセンターのつながりにくさがあります。

 

自動音声で「ただいま大変込み合っております。そのままお待ちいただくか、かけ直して……」といったメッセージを繰り返されると頭に来ることもあるでしょう。

 

サポートセンターにかけるのは、不具合が生じて困っている時だからです。

 

プロバイダーを乗り換えたいと思う理由には、そのプロバイダー独自のサービスに引かれるというものもあります。

 

インターネット、IP電話、携帯電話をまとめて請求してもらえたり、携帯電話とIP電話同士の通話が割引、あるいは無料であればお得になるケースもあるのです。

 

オークションサイトを活用するために会員料金を払っている方の中には、プロバイダーに加入すれば会員料金が必要なくなることを知って乗り換えた方もいるのです。

 

プロバイダー提供のメールアドレスを使用しているために、プロバイダー乗換を渋るケースもあると思いますが、今やウェブサービスで無料メールアドレスが簡単に取得できる時代です。

 

メールアドレスはウェブサービスで取得しておけば、プロバイダーを乗り換えても問題は何も起きないでしょう。

 

光回線はそのままで、プロバイダーだけ乗り換えするのも賢い方法です。

 

世の中のメリットを見つけては乗り換える、じょうずなサーファーのように社会の流れやうねりを利用していく賢いユーザーになりましょう。ただし、恋人をメリットだけでどんどん乗り換えると後で痛い目に遭いますよ。

 

安いプロバイダー人気ランキング!

一般的なサービスがそろって料金も安いフレッツ光!
月額利用料金が安く、それでいて一通りのサービスがかけることなく含まれているのが特徴。日経ビジネスやJ.D.パワー等の顧客満足度調査で2003年から8年連続第一位を獲得するなどおすすめのプロバイダーです。WiMAX月額3,590円で利用可。

料金をとにかく安くしたい方に選ばれています。
フレッツ光の中では最安水準の料金が魅力。特に、戸建住宅のプランでも525円というのはかなり嬉しい。メール機能などが付いていないので自分でフリーメールなどを代用したのでOKという方にはおすすめ。

初心者から上級者まで選ばれるスタンダードプロバイダー
料金は平均的ながら、キャンペーンも太っ腹で、セキュリティやサポートもしっかりしています。光プロバイダーとしては国内最大。世界的規模のプロバイダーなためバックボーン回線が強く、品質も高いためヘビーユーザーにも選ばれています。

安いプロバイダー比較【Q&A】関連ページ

安いプロバイダー選びのコツは?探す方法!【ADSL・速度・料金】
安いプロバイダーはどこが良いのか、探すだけでも大変ですよね。ここでは評価が高く安いプロバイダを探すコツや選び方などご紹介します。口コミ評判やランキング情報、何から選んだら良いの?
安いプロバイダー光回線とADSLを比較!【料金・速度違いは?】
より使いやすく、安いプロバイダーはどこなのか、光回線とADSLで違いを比較してみました。光回線に乗り換えた方が良いのか?料金や速度、メリットやデメリットについてもご紹介していますのでご覧ください。
安いプロバイダーはどこ?乗り換え注意点とは?【選び方のコツ!】
安いプロバイダーを選ぶときに注意する所ってどこなの?安いプロバイダーでもオプション料金で高くなるって本当?選ぶ際のデメリットや口コミ評判などで選ぶポイントなどをご紹介します。
安いプロバイダーの口コミや評判は良い?【料金や速度を比較!】
安いプロバイダーを選ぶには、口コミや評判を参考にするのも良いと思います。ネットには様々な情報がありますので、その中で自分に合ったプロバイダを選ぶことができると思いますよ。
安いプロバイダーに乗り換えよう!【効果的な利用方法は?】
安いプロバイダーを利用するにはどうしたらいいの?ADSLだったのを光回線に乗り換える方法は?ここでは、安いプロバイダーの効果的な利用方法について比較しながらご紹介しています。